ヘッダー

診療予約TOP


診察券をお持ちの方 ※初めて受診される方は、受付(0545-85-0555)までお電話ください。本日の診察状況
お知らせ

★予約の電話番号
 050-5840-5607 です。

【メールアドレス変更のお知らせ】
発信メールのアドレスが以下に変更になりました。
受信ブロック設定をされている方は、お手数ですが変更をお願いたします。
info@m-kodomo.net

★次回の富士市救急センター当番は、5月13日(金)が5月11日(水)19:00〜23:00に変更になりました。

★こどもの新型コロナ感染症は、増減を繰り返しなかなか減りません。

★5−11歳のコロナワクチン接種に関して、お悩みの家庭も多いと思います。厚労省のQ&Aと厚労省のパンフレットのURLを貼り付けます。接種をどうするかの資料の一つとして参考にしてください。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/column/0012.html
https://www.mhlw.go.jp/content/000896559.pdf

★ウイルス性胃腸炎が流行っています。嘔吐を繰り返すときは早めの受診をお願いします。頻回脳とにより、乳幼児は脱水と低血糖を起こすことがあります。

★発熱等診療外来を設定しています。
11:00 a.m〜12:00a.m 事前電話予約が必要
熱が続く、高熱で元気がない、人の集まる場所に行ったなど、新型コロナウイルス感染が心配になる子は、受付までお電話ください。それ以外の時間は通常診療を行いますので、発熱の子も、咳の子も、腹痛の子もいつも通りお越しください。

★待合室での感染拡大を防ぐため、診察と会計の待ち時間は車で過ごしていただきます。順番が来たら、携帯電話でお呼びし、会計は車まで事務のものが伺います。この体制はもうしばらく続けますので、安心して受診してください。

★月〜金まで8:30〜9:00は、乳児のワクチン接種を行っていますので、一般診療は9:15からになります。ワクチン予約がない日と土曜日は8:30から一般診療を開始します。

★百日咳ワクチンは乳児の頃に受けた三種混合、四種混合に入っています。学童期になると免疫が下がってしまうので、日本小児科学会では、三種混合を就学前と11−12才で受けることを勧めています。当院では三種混合は3000円です。接種または説明を希望される方はご連絡ください。   


★H28年より1才以下の赤ちゃんがB型肝炎ワクチンを無料で受けられるようになりました。
B型肝炎は持続感染すると、肝臓がんになる率が高くなります。
血液だけでなく、唾液、汗からもウイルスが検出されるため、過去には集団生活で感染った事例もあります。
また、性行為で伝染る性感染症でもあります。
どの年齢のお子さんも接種することをおすすめします。

当院では、1回 4000円です。
1ヶ月おきに2回打ち、6ヶ月後に追加を1回、合計3回の接種が必要です。

★最近の考え方として、湿疹や乾燥肌の荒れた皮膚から食物やHD、ダニなどが、吸収されるとアレルギーが成立してしまうようです。
湿疹、ドライスキンは保湿剤と弱いステロイド軟膏を使い早めになおしましょう。
特に乳児湿疹は放置しないようにしましょう。
湿疹、とびひなど、子供に多い皮膚の病気は当院でも対応しています。

★防犯上の理由から昼休みは玄関を施錠させていただきます。
13時30分には開けますので、早くいらっしゃった方は車でお待ち下さい。
ご協力お願い致します。

下のバナーをクリックすると、ワクチンの説明のサイトに入ることができます。↓


ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日



■お問い合わせ■
TEL : 0545-85-0555


presented by Mom-create Co., Ltd.